【物販】10%の強さ

実践記

「オモシロイもの」を探しに

先週「雑貨EXPO」が開催されましたね!
神奈川県に住んでいる僕としては、千葉にある「幕張メッセ」はけっこう遠いのですが、毎年行っています。
前は

ポイント
  • メーカー「仕入先」の開拓
  • 「問屋」さんとの関係構築
という目的で展示会に参戦していましたが、

最近は、

  • 「オモシロイもの」を探しに

という目的で参戦しています。
というのも、amazonで「独自カタログ」を作って
販売していくことを覚えたので、【自分の商品を作って売る】
ことができるようになったためです。(メルカリのようにamazonで売る)

この「オモシロイもの探し」で展示会参戦すると楽しいんですよね。
幕張メッセ参加された方、展示会の主目的は新しい斬新な商品を「楽しむ」ところにもあります。張り切っていきましょう!

メーカー・卸問屋仕入れ 個人でも契約できる!【展示会営業トーク付】

2019年8月23日

せどり「なんかお金が増えない…」って思ってない?

2019年12月5日
 

家電のリピート利益商品

今日も「家電」の可能性を探っています。
すでに納品した家電商品たちが、多数売り切れていて
「もう少し、多めに納品したらよかったかな?」
と思いますが、在庫は売り切ってナンボ。
少量多品種で「売り切れたら納品する」を繰り返し、キャッシュフローの良い物販を続けていきます。
リピートできる一般の利益商品は
販売利益率「5~13%」というところですが、それでも投資対効果「10~20%」あります。

つまり100万円仕入れたら「10~20万円増える」ということ。
(ただし、残る在庫に注意が必要です)
これって実は、一般的な投資やファンドに比べて、非常に優秀な値です。投資信託とか年利10%とかいい方ですからね。
ぷぅ
物販はしっかり在庫を回せば、

マイナスリスクも少ない

優秀なビジネスです。

一発屋の廃盤利益商品

一方、すでに生産を終了した「廃盤品」が利益率「20~30%」といい感じ。
多数仕入れることはできませんしリピートすることもできませんが、「ボーナス」的に利益を得ることができます。
家電の良いところは、毎年商品がリニューアルされて定期的に「廃盤」が生まれるということ。
廃盤品は上流(問屋、メーカー)から仕入れることはできませんが、「小売店に眠る在庫」からは
仕入れることができます。
僕が取引している問屋さんは、なんと「小売店在庫」も【卸価格】で仕入れることができます。これが非常に優秀で、「お宝商品」を専用WEBサイト上で見つけたときは、

店舗せどらーだったころの

             「利益商品発見!!」の感動が沸き上がります。

月曜日はリピート発注の日

さて本日、月曜日は各問屋さんへの「リピート発注」の日。
amazonから販売実績データをダウンロードして
「自分の販売実績」にもとづいた適正量のリピートをしていきます。

そして、一週間分の仕事をしたら
あとは「自分のやりたいことをやる」
これが自由業の醍醐味です。一週間頑張って行きましょう!

4.最安値ショップの見つけ方 5.3つの極意 6.基本まとめ

2019年9月11日