ぷぅの問屋攻略「裏技」ABC

AutoReseach

「問屋攻略できません」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

去年の8月に教材(ツール)購入いただいて

サポートさせていただいている

ぷぅの仲間から連絡がありました。

http://amukas.xsrv.jp/uplode/180403_mail.png
 (問屋攻略できません)

「NewRepeatCheckerを含め

 2CLICKもなくてはならない存在」です

っていう反応がとても嬉しかったですよー

Uさん

要約すると、

・現在は電脳メイン

・請求書提出におびえるのはイヤ

・問屋に問い合わせても、定価厳守

 掛率高い(利益なし)、自宅配送不可

・問屋を攻めるときは手当たり次第ですか?

手当たり次第、、、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

でした。

前はネット検索で出てきた問屋に

手当たり次第

メール&電話してましたね。

効率悪かったと思いますが、

その時の経験は無駄ではなかったと思います。

では、

現在はどうしているかというと、、

データマニアらしく

「データ」を使っています。

amazon出品大学のデータから

「出品おすすめ商品」を抜き出して

そこから問屋を「逆追い」しています。

伝わりますかね、、

「amazonが出品をおススメしている

 商品を卸せる問屋を探す」

ってことです。

画期的!

問屋とつながったらすぐ発注できる!

商品を選別したら

というか

amazonデータから抜き出したら、

「メーカー名」+「問屋」で

ネット検索もできますし

その商品を扱っている「メーカー」に

問い合わせると

卸問屋を教えてくれたりします。

これ、とっても大事なことですので

みんなには内緒だよ。

問屋の面白いところ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

問屋の面白いところは

「長く付き合う」ことにあります。

問屋の掛率は「一定」であることが多いです。

メーカー問わず

一律、6掛け(60%)でお願いします。

とか言われます。

その後、信頼関係を構築して

 一律5.5掛け

 一律5掛け

を勝ち取れば

「一生」とも言えるほどの【財産】になります。

ちなみに僕は、


 ・食品は6掛け(60%)

 ・ペットは5~6掛け(50~60%)

 ・文具は5.5掛け(55%)


くらいですね。

これで十分利益がでます。

取引交渉と値引き交渉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

僕は問屋仕入れを

かれこれ2年くらい続けています。

他の方はどうしているかはわかりませんが、

 ・取引交渉

 ・値引き交渉

には「私なりのやり方」があります。

その「やり方」をまとめたものが

ぷぅの教材、マニュアルでリリースしている


 ・問屋ネゴシエイトマニュアル

 ・問屋値引き交渉マニュアル


です。

「せどり」で

一期一会のリサーチをし続けるよりも

「物販」(問屋仕入れ)で

長く安定した物販を続けていきたい。

それに、問屋の担当の方々は

「気のいい人たち」ばかりですので、

やっていて楽しいんです。

まぁ、

「適当な人」もけっこういるけど、

それもまた人間味があっていい

と思っています。

Uさんはすでに、

「ぷぅの問屋マニュアル」

を持っています。

ぜひ、

この「出品おすすめ商品」からの

【問屋逆負いリサーチ】

やってみてください。

問屋「一度お会いしましょう!」

が割とありますので、

副業だと時間調整が必要です。

あ、なんか子供らがリビングで騒いでる。

今日はこの辺で。