95%の発信者が教えない「せどりでお金が増やすための在庫管理無料ツール」とは?

【雷神】JAN→ASIN CONVERTER(ジャンエイシンコンバーター)

情報発信から次なるチャレンジ

北海道で39度、熱中症…聞いたことないような猛暑っぷり。昨年秋頃、札幌に行きましたが、現地の方は「寒さ」には強くても、「暑さ」には弱いと聞いたことがあります。

「メルマガの書き方」を講義

 なぜ北海道へ行ったのかというと、旅行ではなく、ある情報発信塾の方々に、「メルマガの書き方」を講義してきました。私自身が卒業した塾で、話せる場所があるなら、話す。そういうスタイルでやっています。
こんな稚拙(ちせつ)な文章ですが、ある程度、基本にのっとって伝わりやすいように書いています。南は九州、北は稚内から人があつまり、楽しい一日を過ごしました。

明け方まで飲んで、旅の疲れがちょっと身体に残りつつも、起業してなければ、
出会い得ない仲間や、環境がありサラリーマン時代では想像もうつかない日々をおくってます。

投資「0」からできる情報発信

情報発信を続け、そこそこ実績がでてくると、いろんな声がかかることがあります。ちょうどいま、とあるメンバーらと大きなビジネスを成すべく計画進行中です。これからどうなるか全く読めませんが、徐々に仲間が増えていて「大きな波」になりつつあると感じます。
情報発信の世界はほぼ「投資」がいらず何にチャレンジしようともマイナスになることはありません。「次」なるチャレンジやってやろうじゃないか。

Amazonせどり…なぜお金が増えない⁈

Amazonせどりでなぜお金が増えないのか?

amazonでせどりをやっていると

  • 「単品では利益がでているはずなのに、、」
  • 「なぜかお金が増えない」

という状況におちいります。その大きな原因は「余剰在庫」にあります。こういった状態におちいっている人のための【商品回転のための4つの手法】
(amazon商品回転フロー図)

なぜ、せどりでお金が増えないのか?

2019年5月27日
にも書きましたが、価格調整して「カートを取得する」ことについて話しましたが実は、「カートを取得する」だけでは売れない商品があります。

売れない原因:そもそも商品を見られていない

そう、いくらカート取得率が100%であっても「誰にも見られていなければ」買われることはありません。
私たちはモノレートを見ながら回転のある商品を購入しているのである程度見られるはずですが、

  • シーズンが終わった
  • 一時的なブームだった
  • amazon表示ページが後ろになった
こんなことが要因で見られなくなります。もう一度書きますが、たとえ
カート取得率100%の独占販売商品でも商品棚の奥の奥の暗がりに置いてある誰にも見られない商品は買われません。

Amazonの商品閲覧数(PV)チェック

じゃあ、自分の商品が見られているかどうかなんてどうやって調べればいいんだ!!と、思う方がいるかもしれません。
大丈夫。amazon様は親切に無料でこんなデータを提供してくれてるんです。あなたの商品数の閲覧数(PV)も、しっかり教えてくれています。

ビジネスレポート_売上げトラフィック

「amazonセラーセントラル」にログイン

   (click)☞「レポート」→「ビジネスレポート」

     (click) ☞「(子)商品別詳細ページ 売上・トラフィック」

Amazonの商品閲覧数(PV)チェックすると、自分の在庫がどれだけ見られているかがわかります。閲覧数(PV)が多くよく売れている商品もあれば、カート取得率が94%なのに閲覧数(PV)が低い商品もあります。

「ああ、めんどくせぇ、、」

いっぱい数字が出てきました。「ああ、めんどくせぇ、、」って思いますね。
安心してください、これを「全部見ろ」とは言いません。amazon様は、みんなの「めんどくせぇ」もお見通しです。

在庫健全化ツール

「在庫健全化ツール」って文字見おぼえありませんか?
あるはずです。セラーセントラルの「トップページ」にいつも出ていますから。
僕の食品アカウントの今現在の表示です



(【重要】閲覧数が低いSKUが3点あります)
amazon様が「閲覧数低くて売れてねぇからもっと見られるようにしろやコラ」って言ってるんですね。この警告を放置しておくと、

めでたく「余剰在庫行き」

です。

「広告」を使う

この低い閲覧数の主たる解決方法が「広告」です。(キーワード改善もありますが)さて、ちょっと長く、情報量が多くなってきましたのでこれは次回へ持ち越します。

ぷぅ
カートボックスを取ったとしても 全ての商品が売れるわけではない
今回はこれを知ってください。あなたの商品を健全に回転させ、「お金が増える物販」を構築するためです。