電脳せどりツールで資産構築型(リピート販売)ニューリピートチェッカー「New RepeatChecker」とモノリス

実践記

東北魂ともいえる「強いハート」

 僕は仙台出身で建設業であったこともあり、東日本大震災のときはすぐに現地入りを希
望して復興作業に従事しました。電気もガスもつかない中で全国から届くカップラーメン
と飲み物を頂き、父や母を励ましながら生活しました。
先日そんな内容で、

 9年前のサラリーマンぷぅ 復旧支援部隊として現地へ

2020年3月12日
 3.11のことをブログにあげたら、多くの方からコメントいただき、本当にありがとうございます。
当時、日々余震が発生するたびに不安になりましたが、悲観に暮れている人は一
人も居ませんでした(少なくとも僕の周りでは)。むしろみんな、全国の人たちに心配か
けてはならないと気丈にふるまっていました。
その時、東北魂ともいえる「強いハート」をもらった気がします。
ぷぅ
誰も誰かの不幸を望まず、

誰もが誰かの幸福を祈っていました。

それが強い絆を生んだのだと思います。誰かが不幸である必要なんかない。

みんな幸せならそれでいい。強く、そう思います。

今コロナやら、株価暴落だとか、日本のオリンピック開催もどうなるんだかという状況ですが、震災で経験した「強いハート」で、不安を煽る報道に踊らされずに、今日もブログ書いてます。

どうしたらもっと見やすくなる?

僕はメルマガやこのブログを通じて、物販のリアルな実践から学んだ有益な情報を、
みなさんへ配信してます。
最近どうしたらもっとブログが見やすくなるか?といろいろ試行錯誤中です。
前回のブログから画像に文字入れをして「雑談」→「コラム」に変更してみたり、タイトルを入れたりしてます。

ぷぅ
読みやすくなったとか、ここはこうしたほうがいいとかありましたら、ぜひコメントもらえる嬉しいです。

資産構築型(リピート販売)のせどり

「利益商品をみつけたら、その商品を何度も販売すれば稼げるよー」なんて世間ではちょ
くちょく聞く言葉。あなたはこの「リピート販売」ってどういうモノだと考えています
か?世間の「甘ったれた情報」に流されて、簡単なものだと鵜呑みにしてはいけません。
資産構築型の物販は、決して「リサーチした商品を何度も販売すること」ではありませ
ん。僕はこの「amazonの資産構築型の物販」を次のように定義しています。

ポイント
  • 稼げる商品から利益を極限までしぼり取り
  • 価格競争とライバル増加をうまく避け
  • スマートに何度も販売すること
 なんだかムズカシそうに聞こえますが、実は、何も難しくありません。これらのことは、「amazon様が言う通り」にやれば実行できるのですから。

amazonでの資産構築型の物販

amazon販売における「資産構築型の物販(リピート販売)」は

資産構築型の物販(リピート販売)
  1. 確実に利益を確保する
  2. 適正な数を補充する
  3. 余剰在庫をさばく
  4. 価格復活を察知する
  5. ライバル減少を知る
これらを効率的に行うことです。順に説明していきます。

(1)利益があること

単純かつ最も重要なことです。あなたは、補充する商品でしっかりと利益があることを
確認して補充していますか?「在庫がなくなったから前回買ったネットショップからもっ
かい仕入れよう」では0点です。amazonの利益はamazonに聞きましょう。
amazonセラーセントラルの「在庫健全化ツール」「在庫の補充」「詳細の表示(SKUの
詳細)」で仕入原価を入力すると、単品利益・在庫切れまでの日数・補充数・補充日・発
注見込み額・期待利益といった必要な情報をすべて教えてくれます。(セラーセントラルにログインしてからクリック

せどり初心者のためのキャッシュフロー

2020年2月5日

(2)適正な補充数

モノレートの販売数はウソです。モノレートの販売数は「販売機会」です。複数個まと
め買いは考慮されていません。(1ギザは1個ではありません)。しかも、モノレートのラ
ンキング(ギザギザ)は一日に数回しか取得しておらず、正確な販売機会はわかりません
(実は1日3回が、実は10回かもしれない)。
モノレートは、「仕入れ判断の参考」と「期待値の算出」には役立ちますが、実際の【
補充数の決定】には使えません。適正な補充数を決めるためには、【あなた自身の販売実
績】だけが真実です。
この適正な補充数についても、「amazonの発注推奨」が教えてくれます。※この発注推
奨は本当に便利(セラーセントラルにログインしてからクリッ

(3)余剰在庫をさばく

 ヨッシャ!一撃1万円利益!!といった商品があっても、余剰在庫が20個もあれば、そん
な利益は吹っ飛びます。

ぷぅ
そう。どれだけ利益商品ががんばっても、余剰在庫が足を引っ張
ることを忘れてはいけません。「余剰在庫は負債」そんな意識でしっかりと商品をさば
く必要があります。
amazonセラーセントラルの「在庫健全化ツール」「余剰在庫の管理」で、「amazon様が
提案」している通りに商品情報を更新しましょう。それだけで余剰在庫はかなり減ります
(余剰在庫がなければスバラシイ)。(セラーセントラルにログインしてからクリック

(4)価格復活を検知する

 みんな大好き「価格競争」。その価格競争の果てに何が起こるか知っていますか?誰も値下げして、赤字域なんかで売りたくはないんです。価格競争の果てに起こる現象の一つが「価格復活」。この価格復活についてもセラーセントラルでわかりますが、説明は後述します。

(5)ライバル減少を知る

 せどらー達の商品管理はずさんです。利益商品にせどらーたちが群がり、「FBA15
人!」とか、ライバル増加した商品も人知れず居なくなり、、、「自己発送のみ」「出品
者0人」とかになったりします。

ぷぅ
 僕はこれらの現象を、「価格復活」「自己発カート」「出品者なし」と呼んでいます。
これらを瞬時に察知して素早く「再出品」することで、利益商品をムダにしない「リピー
ト販売」ができるようになります。

☞ 限定公開で電脳リサーチ動画も公開中です。
モノレート情報自動取得ツール(無料配布中:モノリス)

真のせどりリピートツール

「New RepeatChecker」

ここまでの説明を聞いて「資産構築型(リピート販売)の本質」を理解いただけました
でしょうか?実際、ここまで読んでいる人は少ないのではないだろうか。そうなんです。
全部amazonが教えてくれるんですが、一つ一つ確認するのは面倒なんです。いくらデータ
マニアのぷぅでも面倒なものは面倒です。
そんなわけで、これらのリピート商品を自動リスト化するツールを製作しました。それ
が「RepeatChecker」です。これがさらに現在進化して、ニューリピートチェッカー「New RepeatChecker」

 

「在庫健全化マニュアル」もプレゼントしてます。
現在無料配布中!ですが、玄人向け過ぎるのか、、再生回数も「いいね」の数も少ない
です。個人的にはぷぅの最強のリサーチツールRAISIN(雷神)に匹敵する良質なツールと
自負しています。

ぷぅ
このツールを開発後、ぷぅの物販はamazonのデータを軸に圧倒的に時短化、効率化され
しっかりと「お金が増える物販」が構築できるようになりました。
かじ取りの難しい「資
産構築型の物販(リピート販売)」もamazonのデータとツールがあれば人が手間をかける
ことなく簡単にできます。

【雷神進化】今までのぷぅ☞進化するぷぅ

2020年3月4日

運命の出会い

 今こうして独立できたのも、2017年11月とある会合に参加したぷぅが、そこで会ったある人と
雑談中に「1つのアイデア」を思いつきます。これがサラリーマンを17年も続けたぷぅの
「独立」を決定づけることになるとは、当時夢にも思いませんでした。

特別な人間が成功しているのではない

2020年2月28日
 

「願望」のために動ける1%の人間

2020年3月3日