ハンドミキサーが欲しすぎるクアラルンぷぅルのお客様

実践記

ハンドミキサーが欲しすぎるクアラルンぷぅルのお客様

土曜日の朝9時、携帯電話が【リンリンリン…】と鳴る。

通知画面には見慣れない番号と(クアラルンプール)の文字が。

(ぷぅの通話履歴)

、、、?

クアラルンプール?

なんだそのカッコイイ地名は!

と、思いつつ出てみると

謎女子

、、、Hi、hello!ナンチャラかんちゃらナンチャー!

まくし立てるような謎の女性の声

(なんだ、イタズラ電話か、、)

「プチ」(切る)

さて、、もうひとねむり、、、

【リンリンリン…!!】

なんだなんだ。

俺、なんかやったっけ?

謎女子

HELLO!!イズユアネーム、、サク、、サクマ、

ンー、エー、、サ、サクマ?

ぷぅ

、、?

ぉ、、おう、いえー、、

イエス!サクマ!

イエス!タカスクリニック!みたいだな、と内心思う。

どうやらイタズラ電話ではないらしい。だが、英語からっきしのぷぅは全くもって何を言ってるかわからない。

かろうじて、

クア子

ドゥーユー スピーク イングリッシュ?

ぷぅ

ノーぅ!

アイ ドント スピーク イングリッシュ!

(やった!英語しゃべれた!)

クア子

、、、オーゥ、、

こんな会話はできた。

会話の通じないぷぅが相手でも、どうしても諦めないその女性。なんとなく言ってることはわかるので、僕も寝起きでパソコンの前に座り「Google翻訳」を使いつつ会話をしてみる。

日頃鍛えたキーボードさばきで、ちょっとした会話ができることに感動!

どうやら、こんなことを言っている。

クア子

昨日、あなたのところで買ったハンドミキサーの決済が確定せず配送されていないようです!

届かないと困るんです!

絶対に欲しいんです、絶対キャンセルしません!

だそうだ。

ぷぅ

クア子よ、そんなときはamazonカスタマーサポートに連絡だ!

と、伝えたものの、新型コロナの影響でAmazonカスタマーサポートの「電話応対」は何度かけても通じないらしく、

クア子

も、も、もうどうしていいかわからないんです!

とにかく何とかしてください!!

絶対にそのミキサーはあきらめません!!

ぷぅ

お、、おぅ、、いえす、イエス!(なんだこのハンドミキサーに対する熱意は!)

その後も、お互いかんたんな英語を選びつつ何とか会話を続けていましたが、ハンドミキサー欲しさ?にすんごい興奮してるし、とりあえず一旦電話をきってこちらでamazonサポートに問い合わせることに。

amazon

海外決済だと確定が遅くなるし届くのも遅くなるから、ちょっと待っとけ!って言っとけ!

まぁ、そうだよなぁ、、。

ぷぅ

(電話じゃ伝わらないし、Google翻訳してメールで伝えよ)

そして、amazonからの回答を購入者メールでクア子に伝えると、待ってました!とばかりに即返事が。

クア子

はい、待ちます!ハンドミキサーは絶対にあきらめないので!!

出品者側で絶対キャンセルはしないでね!絶対、絶対だからね!

ぷぅ

うん、こっちからキャンセルなんてしないよ!しないったら!


(実際のメールのやり取り)

な、、なんなのだ、このハンドミキサーに対するクア子の執念は。

※ちなみに、うち以外も販売してるんだけども

たぶん、アレだ。クアラルンプールではハンドミキサーが猛烈に流行っているのだな。あのミキサーなら美味しい料理が作れるのかな。

、、、ハッ、アレか!

婚活か!婚活してるんだな!クア子!

ぷぅ社は、全世界の婚カツ女子も応援してるぞ!その熱意があればミキサーもゲットして「意中の彼」もゲットできるさ。

頑張れ、クア子。

ところで、ハンドミキサーがもう一個買えるくらいのめっちゃ長電話だったけど、、(1分300円くらい?)

クア子
長電話のせいでセイキュウいっぱいきたよ!

って電話来たら、ヤダな。。

ぷぅのamazonショップ動向


(ぷぅの今日の月商)
<現在30日売上げ合計:591万円>

食品問屋 (月商251万円)

「食品」はMLMで仕入れている健康系食品の最終仕入月。

今月以降は「初期ボーナス」がつかないので仕入れても赤字が増えるばかり。とりあえず、名義(銀行とクレカ)を借りれる人もいないし一旦撤退します。(復帰は自由)

4月から大きな売上げと利益をもたらしたMLM仕入れですが、こういった制限があるからちょっと残念。

また抜け道があれば、探っていきたいと思います。

玩具・ペット問屋 (138万円)

現状、アイデアも打開策もなく停滞気味の「玩具とペット」は、在庫表リサーチをひたすら続けています。

仕入れ量は少なくなったとはいえ、問屋との関係は長く続けていきます。「掛け払い(後払い)」となった問屋さんとの付き合いは非常に貴重。「仕入れて、売った後で請求が来る」、そんな掛け払い(後払い)のメリットは絶大です。

必ずなにかしら突破口を見いだして今後も生かしていきます。

文具・家電問屋(176万円)

文具

「文具」は新しい試みを始めました。

独自ブランドでお世話になっている箱作りの会社に、「とある箱」の製作を依頼し文具のセット商品に活用します。

自前で作った箱ならば、絶対に相乗りはできないし、カタログが育てば独占販売が可能なはず。初期投資はかかりますが、そんなものを恐れていては何も始まらない。

家電

そして、クアラルンプールでおなじみの「日本家電」

こちらも隔週の全頭リサーチを継続しています。amazonの価格変動も激しければ仕入れ問屋側の変動もある。これは目が離せない、ってことで定期的なリサーチが必要。

ところで、最近この家電問屋さんのお付き合いのある小売店の方から「amazon物販をぷぅさんに教えてほしい」という依頼が数件、舞い込んでいます。

こう見えていろいろと忙しいもので、申し訳ないのですが、お断りしています。

データを使った物販については、YouTube動画でほぼ上げていますし、毎月月末に「雷神会」という実践リサーチLIVEも開催していますので、そちらをご活用ください。

独自ブランド (26万円)

ぷぅの「お花屋さん」では独自で製作した扇子も販売しています。これが「父の日」を前に動きました。

ぷぅ
なるほど。自分で作った商品はこういう動き方をするのか。

これらの経験をへて、独自商品を作ることに抵抗が少なくなってきました。データを使った仕入れをベースにもう一つの物販の柱も強化していきます。

(独自ブランドの詳細は↓の見出しで)

総括 (月商591万円)

今月は新事務所開設がありなかなか物販に打ち込めずにいます。リサーチした分だけ仕入れた分だけ売上げが素直に上がる、それがamazon物販。

リサーチの手を止めてはいけない。

来月は新事務所も完成するし、気合い入れていきたいと思います。

独自ブランド詳細

データを活かした物販と言えば、ぷぅ。ぷぅと言えば(自称)データマニア。そんな僕ですが、「独自ブランド」販売でもそのデータ脳は生かされています。

母の日を過ぎて、在庫がほぼゼロとなり売上げが1/10に落ち込んでいた独自ブランドの販売ですが、父の日を前に、また盛り返してきました。

売れているのは「独自デザインの扇子」、1つ3000円以上の利益で、20個以上売れています。

「データ分析」は独自ブランド販売においても非常に重要。

  • 「需要」を読み
  • 「デザイン」して
  • 「広告」をかけ
  • 「適正量」販売する

こんな風に、この分野は「感性とデータ」の掛け合わせ。これがまたなかなか読みづらくて「攻略しがい」があって楽しい。

ぷぅ

雷神を活かした物販でベースを支えつつ、こういった「センス」を問われる分野も楽しみつつやっていきたいと思います。

扇子だけに。(オヤジ)